購入した切符ん関しては、お金に変える手続きを知っておきます。購入直後なら駅で行ってもらえます。

商品券をお金に変える手続きを知っておく
商品券をお金に変える手続きを知っておく

購入した切符をお金に変える手続き

鉄道に乗るときは切符を購入します。切符にはいくつかのタイプがあります。まずは普通乗車券と呼ばれるものです。距離に応じて金額が決まっていて、多くの場合は購入した日のみ有効となっています。距離が長くなると、2日や3日の有効期限になることもあります。回数券と呼ばれるものは、普通乗車券が11枚セットになったものです。10枚分で買えるものです。こちらは有効期限は長めに取られています。3箇月になっていることが多いです。

さらに企画切符と呼ばれるものがあります。一定の企画のもとに販売されるもので、回数券でもよりお得になっているものであったり、特急券とセットになって数枚綴りになっているもの、季節によって乗り放題になるようなものなどがあります。こちらも数箇月の有効期間が設けられています。こちらを購入して、多すぎる、間違って購入したとなった場合は困ります。お金を戻してもらえるのであれば、そのほうが助かるのですができるかです。

購入した直後であれば、未使用であれば駅で手続きを取れば戻してもらえます。回数券に関しても、全て揃っている場合に、手数料は発生しますが戻してもらえます。ただし、1枚でも使ってしまうと、戻してもらえません。この時には、金券ショップを利用してみましょう。必ずではないですが、多くの場合は買取をしてもらえます。地域によっては金券ショップが並んでいる所があります。激戦区であれば、高く買い取りしてもらえることもあります。