国民健康保険の前納分のお金を返金してもらおうとするときは、自分で手続きをしないと戻ってきません。

商品券をお金に変える手続きを知っておく
商品券をお金に変える手続きを知っておく

国民健康保険のお金を返金してもらう手続き

国民皆保険ですから、何らかの健康保険に加入していることになります。会社員なら協会健保が運営するものに加入しますし、自営業は国民健康保険に加入することになります。大学生の場合、親の扶養になっている事が多いでしょう。親がサラリーマンなら、協会健保の扶養となり、自営業なら国民健康保険の扶養になります。すでに社会人になっていて、一時的に所得がない状態の場合は、自分で国民健康保険に加入して支払っていることがあります。

毎月支払いがあるものに関しては、前納制度が充実しています。1年分先に支払うことで、少し割引してもらえます。お金に余裕があるならそうしたほうが良いこともあります。預金に預けるよりも良い金利分を浮かせることができます。1年分前納をしていて、なんとか会社勤めすることができるようになりました。その会社は社会保険が充実していて、健康保険組合を自社で運営しているとのことです。早速そちらに加入することになりました。

年金の場合は、前納分のお金については特に手続きは必要ありません。書類を送ってきてくれます。しかし、国民健康保険の前納分は、必要になります。管轄が異なるからです。国民健康保険は市区町村が行っているので、脱退を行わないと、そのまま受け取られてしまいます。市役所などに行けば所定の窓口があるので、必要事項を記入します。そのときに振込先なども記入するでしょう。後日前納分について、戻すことが出きるのです。