商品券をお金に変えるには金券ショップが便利です。手続きは、店頭で買取の交渉をするだけになります。

商品券をお金に変える手続きを知っておく
商品券をお金に変える手続きを知っておく

商品券をお金に変える手続きを知っておく

懸賞などを利用すると、たまに商品券などが当たることがあります。全国の百貨店で使えるものであったり、クレジットカードの系列のもの、特定のお店で利用できるものなどです。また、公衆電話を使う時のテレホンカードが当たることもありましたし、図書カードが当たることもあります。最も使い勝手が良いのが、クレジットカード系列の商品券かもしれません。百貨店だけでなく、スーパーや、飲食店、その他のいろいろなお店で使うことができます。百貨店の場合は、全国の百貨店のみになります。図書カードは書店で本を買う場合にしか使えません。ある程度限定されてくるのです。そう大きな金額が当たるわけではないですが、あまり使わないお店のものをもらうと困ることがあります。

商品券において、プリペイドカード式のものは、常に残高を記録してくれます。円単位で使えるようになっています。紙のものは記録ができませんから、使い切りです。タイプとしては2つあって、お釣りが出るものと出ないものがあります。900円のものを千円券を出すと、100円返してもらえる時と支払ったままのことがあります。お釣りが出ないものの場合は、千円以上の買い物をする時の千円分として使うようにしなければいけないでしょう。お釣りが出るものの場合、お金に変えるチャンスにもなります。50円ぐらいの商品を買えば、950円のお釣りがもらえます。欲しくないものでも、そうすることによって、より利用範囲を広げることができるのです。

更に別の方法としては、金券ショップに売ることがあります。手続きはそれほど難しくありません。ショップに行って、この券を買い取ってくださいといえば査定をしてもらえます。一般的にあるものなら、店頭に買取価格や率が表示されています。一つの金券ショップだけでなく、いくつかを回るようにすると、より高く買い取ってもらえることがあります。紙のタイプのものは、あまり汚かったりすると買い取ってもらえないこともあるので、注意が必要です。